バイクローンで多めにお金を借りれるの?

バイクローンを使ってバイクを購入する場合、後々のカスタム費用などの事を考えて多めにローンを組んでおきたい、って思いますよね。

 

バイクのカスタム費って何かと高額になりがちですからね。できる事なら、バイクの購入費用プラスαで借りる事が出来れば、後からカスタム費用などに回すことができるので助かります。

 

では、実際のところはどうなのか?バイクローンを利用してバイク購入した際、バイク購入費用よりも多めに借りる事が出来るのか?について調べてみました。

 

バイク購入時、多めにお金を借りておきたいって方は参考にしてください。

 

多めに借りるのは難しい

バイクローンで多めに借りる事が出来るのか?結論を先に言うと、、、答えはNOです。多めに借りるといった事は難しくなっています。

 

それはなぜなのか?基本的にバイクローンを利用する場合は、ローン会社からバイクを購入したお店側に直接お金が振り込まれるようになります。

 

例えば、バイクショップで50万円のバイクをバイクローンを利用して購入するとします。この時、ローン会社には50万円借りるための証拠でもある、バイクの見積書や請求書を送る必要があります。

 

そちらを確認したうえで、ローン会社がバイクショップに購入費用の50万円を振り込むようになります。

 

バイクローンを利用するには、バイク購入の見積書や請求書が必要となってくるので、それ以上の額を借りるのが難しくなっているんです。

 

じゃあ、バイクショップにお願いして本来のバイク購入費用よりも高めに設定して見積書を書いてもらえば、多めに借りる事が出来るのでは?って考えもあるでしょう。

 

50万円のバイクだけど、見積書で70万円と記載しておけば20万円多めに借りる事が出来ますからね。

 

確かにこのようにすれば借りれるかもしれないです。ただ、ほとんどのバイクショップでこのような事は行ってくれないでしょう。なぜならば、バイクショップからしたらメリットが全くないですからね。

 

逆にデメリットしかありません。嘘の見積書でお金を借りる訳ですからね。万が一ローン会社に知られてしまった場合は、バイクショップ側も規約違反となってしまいます。

 

なので、残念ながらバイクローンを利用してお金を多めに借りるのは難しくなっています。

 

こちらは、バイクショップで利用できるバイクローン(ディーラーローン)だけでなく、銀行のマイカーローンでも同じことが言えます。

 

どちらも目的が決まっているローンになるので、目的以外で余分にお金を借りるといった事が出来ません。

 

多めにお金を借りるにはどうすればいい?

では、バイク購入後にカスタム費用などでお金が必要といった場合はどうすればいいのか?このような時はカードローンを利用するのがいいでしょう。

 

カードローンはバイクローンと違って使用目的が自由となっています。なので様々な用途としてお金を借りる事が可能になります。

 

バイクのカスタム費用はもちろん、車検代やガソリン代、税金の支払いなどなど、必要な時に自由に借りる事が出来るので便利です。

 

どこのカードローンを利用すればいいのかについては、別ページで詳しく説明しているので、こちらを参考にしてください↓↓

 

バイク購入と同時にカスタムをお願いする場合

上記では、バイク購入した際に今後のカスタム費用などを考えて、余分にお金を借りる事が出来るのか?といった内容となっているんですが、バイク購入と同時にカスタムもお願いしている場合は話が変わってきます。

 

バイクショップでバイクを購入し、なおかつカスタムも同時に依頼をしている場合に関しては、バイクローンにカスタム費用もプラスして借りる事が可能です。

 

なぜかと言えば、この場合はカスタムにかかる正式な費用を見積書として出すことができるからです。

 

『バイク車体に50万円+カスタム費用に20万円、トータル70万円』といった感じで、必要な金額が請求書として出せます。

 

実際にバイクショップに支払いする金額となるので、このような場合であればバイクの車体価格にプラスしてカスタム費用もバイクローンとして借りる事が可能となります。