ローン利用で重要なのは返済

憧れの大型二輪免許をとれたら、さっそく念願のバイクの購入です。もう購入するバイクは決まっていますか?

 

決まっていたとしても、店頭で見かけたカッコいいバイクに一目惚れしてしまう可能性も無きにしもあらず。バイク好きにとってバイクは無くてはならないパートナー。

 

一目惚れしたら最後、値段との相談なんて無意味だということが多いのではないでしょうか?ローンを組んででも手に入れたいものです。

 

ローンを組むことで、バイク費用の支払いは分割になり負担少なく欲しいバイクを手にすることが出来ますからね。

 

このようにバイクなど高額なものを購入する時はローンが大変便利になるんですが、その反面気をつけなければいけない点もいくつかあります。

 

その一つが、返済に関してです。「ローンを利用する=お金を借りている」状態なので、当然ながら返済していく事が絶対条件になってきます。

 

ある意味、お金を借りた時に一番重要視しないといけないのはこの「返済」といった事になるでしょう。返済の事を一番に考えてから、ローン申込するようにしなければなりません。

 

では、バイクローンを利用した場合はいつまでに返済をしなければならないのか?返済回数は何回まで出来るのか?など、返済について調べてみました。

 

バイク購入でローンを考えている方は必ず確認しておきましょう!

 

バイクローンは多めには借りれない!
カスタムや修理のことも考えて事前にカードローンも事前に作っておくと便利。

急ぎの時はプロミス! 低金利なら三井住友銀行!

プロミス

プロミスは最短1時間で融資が可能です!
Web完結ならネットですべてが完結して郵送物なし。

 

三井住友銀行カードローン

金利が年4.0%〜14.5%という低金利設定に加え、最高融資額800万円と高額融資にも対応!

 

 

バイクローンは何回払いまで可能?返済期間は?

バイクローンは、バイクショップなどディーラー店でバイクを購入した際に利用する事が出来るバイク専用のローンになっています。

 

こちらのバイクローンの支払回数・返済期間についてなんですが、一般的なバイクローンの返済期間は1回〜60回となっているところが多いです。60回払いということは、つまり返済期間は5年になります。

 

返済期間の上限は取り扱っている販売店によって異なるので、支払回数・期間についてはバイクを購入するお店で確認しておきましょう。長いところだと、最長120回までOKといったところもありますよからね。

 

返済回数を何回にするかは、自分の状況に合わせてご自身で決める事が出来ます。なので、月々の支払いがいくらまでだったら確実に払っていけるかしっかりと考えて回数を決めるようにしましょう。

 

ポイントとしては、「余裕を持った返済プランを立てる」事です。

 

例えば、120万円のハーレーダビッドソンをバイクローンで購入したとします。頭金なしの60回払いの場合、1ヶ月当たりの支払いは2万円になります。それと利息を支払うようになります。

 

ハーレーダビッドソンは値段の高いバイクですが、月々2万円であれば無理なく支払っていけるのではないでしょうか。

 

このように、月々いくらなら支払っていけるかを計算して、余裕を持った支払回数で返済していくようにしましょう。

 

また、頭金を多めに用意するとあとあと楽になりますよ。

 

先ほどの例で考えると、120万円のハーレーダビッドソンを購入するにあたり、頭金60万円を準備できたとします。

 

残り60万円をローンで返済するとすれば、60回払いの場合月々1万円の返済でよくなりますし、月々2万円ずつ返済する経済力があるならそのようにローンを組み、期間は半分の2.5年の30回で完済できることになります。

 

ローンも言い方を変えれば「借金」ですから、未返済金額が大きくなればなるほど精神的負担もあるでしょう。そのことを考えても、頭金を準備しておいた方が良いといえます。

 

ローンの返済期間を長くすることのデメリット

ローンの返済期間を長くすると、それだけ毎月の返済額が少なくなるので支払いは楽になります。ただし、デメリットもあるので注意が必要です。

 

まず、ローンの支払期間が長くなると、それだけ利息も高くなります。利息というのは借りている額に対してつくものです。

 

ですから当然のこと、できるだけ早めに借りている額を減らすこと、それが利息を低く抑える方法となるのです。

 

また、ローンの支払いをしている間は、バイクの所有権はローン会社のものとなります。よって、ローン返済期間中にバイクを売却したくなっても、自分の意思で簡単に売却できない、という不便さがあります。

 

例えば、返済期間を5年にした場合、5年間はできるだけ同じバイクに乗っていなければならないということです。

 

また、事故か何かでバイクが壊れてしまって乗れなくなったとします。それでも、残りのローンの支払いは続けなければなりません。

 

ローンを組もうが組むまいが、バイクの金額分は払わなければならない、ということには変わりありませんが、もう乗っていないバイクのために支払いを続けなければならないというのはちょっと腑に落ちないものがあります。

 

一目惚れしたバイクなら、5年でも10年でも乗っていたいと思うもの。

 

それならさほど問題にはならないでしょうが、長めのローンを組むことを考えているなら、こうしたことも考慮に入れる必要がある、ということです。

 

少しでも金利の低いローンを利用するべき

バイクローンの返済が長くなればなるほど、支払う利息も増えていきます。なので、出来るだけ少ない回数で完済できるのが理想です。

 

ただ、高額なバイクを購入した場合はどうしても返済期間が長くなってしまうかと思います。やはりそう考えると、少しでも金利の低いローンを利用するべきです。

 

例えば、金利が10.0%のローンと5.0%のローンでそれぞれ同じ額を同じ期間借りた場合、利息は倍違ってきます。

 

1円でも利息は少ない方が良いので、そう考えるとちょっとでも金利が低いローンを利用する方が絶対的にお勧めとなってきます。

 

ではどこのローンを利用するのがいいのか?って事になるんですが、一番お勧めなのはマイカーローンです。マイカーローンはメチャクチャ金利が低いですからね。

 

ローンの返済期間と回数を決める時に考えたいこと

ローンの返済期間は、利子を低く抑えるためには短いに越したことはありません。しかし、月々の返済額にムリがあるようでは困ることでしょう。

 

ローンを組んだ時点では余裕を見ていたつもりでも、実際ローンの返済を始めてみたら意外に余裕がなかった、なんていうことがあるものです。

 

どこに落とし穴があったのかというと、バイクのメンテナンス費用です。バイクは乗り始め、どうしてもメンテナンスが必要。

 

また、乗っていればそのうちすり減ってくる消耗品もあります。バイクの部品の交換はそう安くはつきません。なんでもそうですが、長く使うためには定期的なメンテナンスがどうしても必要です。

 

それに、バイクを購入したら、ヘルメットやバイク用グローブをはじめとして、何かとバイク用品の購入も必要となります。

 

季節が変わればヘルメットも変えたくなるものでしょう。風よけになるバイク用ジャンパー、ブーツなども必要になります。それに、ガソリン代も見落とせません。

 

バイクローンを組むときには、そうした出費全てを考慮に入れる必要があるのです。言われてみれば当たり前のことかもしれませんが、けっこう見落としがちなので気をつけたい点です。

 

バイクローンを組むときには、こうした費用も頭に入れて、余裕をもって返済金額を決めましょう。

 

カードローンを活用してバイクを購入する方法

冒頭でもふれたように、一般的に、バイクを購入するついでにその店でバイクローンを組もうとすると、紹介されるのは信販系のバイクローン。

 

ただし、このバイクローン、金利が高めだというデメリットがあるのです。そのため、最近ではバイクローンよりも、カードローンを利用してバイクを購入する人が増えています。

 

カードローンは、組むときに必要な書類も少なく、すぐに手続きをすることができます。ネットで24時間対応しているところが多く、いつでも申し込みできるのが魅力。

 

また、中には「無金利期間」を設けているカードローンもあるので、短期間で返済できそうなら考慮の価値ありです。

 

バイクローンの返済期間はお店によっても異なりますし、状況に応じて自分で決めることができます。しかし、たいていの場合最長5年、返済回数は最多で60回分割、というケースが多いです。

 

ただし、ローンの返済期間が長くなると、利子として支払う分が多くなるというデメリットがあります。

 

また、長期ローンの返済に縛られてしまうという精神的なデメリットもあります。

 

ローン完済まではバイクの所有権がローン会社のものとなってしまい、自由に売却や廃車ができないという不便さもあります。

 

こうしたことを考えると一括払いに越したことはないのですが、どうしてもバイクが今すぐ欲しい場合、やはりバイクローンという方法は便利ですしありがたいです。

 

なんといっても、お金がなくても今すぐに好きなバイクに乗りはじめられるというのは魅力です。

 

金利を少しでも抑えたいなら、頭金を多めに用意してローン返済期間を短めにすること、また、金利ができるだけ安いカードローンを見つけることなどもカギとなります。