バイクローンの支払いができなくなった場合どうなるのか

バイクローンを組んだあとに、思いがけず転職することになってしまった……、思わぬ出費が発生してバイクローンを支払えなくなってしまった……。

 

そんなハプニングは誰にでも発生する可能性があります。もし、バイクローンを支払えなくなったらいったいどうなるのでしょうか?

 

ローンの支払いが完済していないなら、バイクの所有権はローン会社にあります。そのため、ローンの支払いができなければ、バイクは手放さなければなりません。

 

とはいっても、1ヶ月や2ヶ月滞納したら、すぐにバイクを売却しなければならないというわけではありません。

 

ここでは、バイクローンの支払いを滞納したらどうなるのか、順を追ってお話したいと思います。

 

滞納した場合の流れ

まず最初にお伝えしたいことは、一度バイクローンの支払いに遅れてしまったからといってすぐにお持ちのバイクを手放さなければならないといった事はありません。

 

基本的に支払いが遅れた際の大まかな流れとしては、

 

1、督促状が届く
2、督促の連絡が入る
3、バイクが差し押さえられる

 

このような流れになります。支払いに遅れてしまった場合は、3番の「バイクが差し押さえられる」といった最悪な状況になる事だけは避けなければなりません。

 

1番、2番の「督促状が届く」「督促の連絡が入る」といった流れは、滞納翌日から2〜3週間以内となっています。

 

この間に支払いを済ますことが出来れば、バイクが差し押さえられるような事もありません。ただし、延滞金は支払う必要があります。

 

なので、支払いが遅れてしまった場合は最低でもこの間に支払っておくようにしましょう。もし支払いができず、1か月2か月と滞納してしまうとバイクが差し押さえとなり手放さないといけなくなります。

 

また、ブラックリストに掲載されてしまい、今後ローンなどの利用が出来なくなってしまいます。

 

それと気をつけないといけないのが、延滞しても2〜3週間以内に支払らっておけばバイクが取られる心配はない、と安心してはいけません。

 

1、2回の延滞であれば、支払日を忘れていた可能性なども考慮されるんですが、何度も延滞をしてしまうと信用面が無くなり、ローン会社から一括での返済を求められる可能性も考えられます。

 

このようになると、結局バイクを手放さなければならないといった事も考えられるので、やはり支払日に遅れずに払っておくことがとても重要になってきます。

 

ただ、どうしても今月はお金が無い…といった状況もあるかと思います。このような時にどうするのが良いのか?ベストな方法を教えます。

 

支払日に遅れそうな時の対処法

一時的にお金を借りる

上記でも述べたように、支払日に遅れる事に良いことは一つもありません。払えない事でローン会社の信用は一気に落ちてしまいます。

 

なので、支払日をしっかりと守っておくことがローン利用するうえでとても重要なんです。ただ、今月は急な出費などが重なりどうしてもお金が無いといった事もあるでしょう。

 

このような時は、カードローンを使って一時的にお金を借りてバイクローンの支払いに充てるようにするといいでしょう。

 

支払いするのにお金を借りていては本末転倒なのでは?っと思ってしまうかもしれないですが、延滞するのが一番ダメですからね。

 

なのでバイクローンの支払い額の足らずだけをカードローンで借りるようにして、支払うといいでしょう。カードローンは、最短だと即日中に借りる事も出来るので、急ぎの時でも便利です。

 

また、初めての方は30日間無利息期間があるなどの特典があるカードローンもあるので、このようなカードローンを利用すればいいですよ。

 

お勧めのカードローン
  特徴 金利(実質年率)
プロミス

・スピーディーな対応で、即日融資が可能となっています。

・土日祝日でも申し込み・借入をする事ができるので、いざという時にも便利です。

4.5%〜17.8%
アコム

・最短30分のスピード審査で、急ぎの時に便利なカードローンです。

・初めての方は30日間無利息で借りれるのでお得となっています。

3.0%〜18.0%
SMBCモビット

・10秒で簡易審査結果表示

・WEB完結申込みで、電話連絡・郵送物なしで利用が可能となっています。

3.0%〜18.0%

↑↑名称クリックで、公式サイトが開きます。

 

バイクを売却する

仕事が変わった、給料が下がった、などバイク購入した時と収入面が変わってしまい、月々の支払いが苦しくなってしまった場合は、バイクを手放すことも考えた方が良いでしょう。

 

今月だけ出費が重なり支払いが厳しい、といった場合は一時的にカードローンなどでお金を借りて支払う方法で良いかと思うんですが、毎月支払いが厳しいのであればカードローンで借りたとしても次はカードローンの返済が厳しくなるので同じことです。

 

なので、このような場合はバイク自体を売却して、残りのバイクローンを完済させることも一つの方法になります。

 

ただ、バイクローンを利用している場合はバイクの所有権がローン会社となっているので勝手にバイクを売却する事が出来ません。

 

ではどうすればいいのか?って事になるんですが、この場合はいくつかの方法があります。

 

一時的にお金を借りてバイクローンを完済する

まず、カードローンなどでバイクローンの返済額を全額借りて、バイクローンの残り額を完済します。すると、バイクの所有権が本人に変更できるので、自由にバイクを売却する事が出来ます。
バイク売却金は、カードローンの返済に充てればカードローンの返済も無くなります。

 

ローン会社と相談する

ローン会社に連絡し、バイクを売却したい旨伝えてみて下さい。この場合、バイク売却額が残りローン残高を上回っていたら、売却できる可能性があります。ローン会社からしても全額返済してもらえますからね。
ただ、バイク売却額が残りローン残高を下回ってしまった場合は、足らずの額を現金で支払うか、再度ローンを組み直さなければいけません。
こちらは、ローン会社によっては対応できない場合もあるので、相談してみて下さい。

 

 

バイクローンを滞納した際の一般的な例

ローンの滞納に対する流れ、処置はどこのローン会社と契約しているのかによって異なります。ここで挙げるのは一般的な例になります。

 

バイクローンの支払いが滞ると、まずは催促状が届きます。さらに、催促費用として約200円が請求されます。また、遅延損害金も発生します。

 

この時点で引き落とし口座にお金を振り込んでおけば何の問題も発生しません。ブラックリストにも乗りません。

 

しかし、再引き落とし日(2週間後)にも口座にお金が入っていなければ、今度は催促の電話がかかってきます。まずは自宅に、次いで携帯にかかってきます。

 

それでも2〜3日つながらないと、職場にかかってくることもあります。

 

職場にかかってくるときには、ローン会社としてではなく個人の名字を名乗ってくれるので、この時点では何とか会社に知られずにやり過ごせるでしょう。

 

催促の電話がかかってくると、「催促電話費用」が発生します。応対が面倒だからといって電話に出ないと、「支払いの意思がない」とみなされるので必ず出るようにしましょう。

 

場合によっては支払いを続けられるように無理のないプランを立て直してくれることもあります。支払いの見込みが立たないなら、ぜひこの時点でローンの組み直しを検討しましょう。

 

さらに3週間後の、再々引き落とし日にも対応できないと、バイクを取り上げられる旨が知らされます。そのまま1ヶ月が経過すると、バイクを引き上げられる日程が決められ、知らされます。

 

指定された期日までに支払わないと、ついにバイクが引き上げられます。でも、この時点ではまだ「バイクを手放す」というところまではいっていません。

 

支払いができれば取り返すことができます。また、引き上げの日程が決められていても返済の目途が立っているなら引き上げを待ってもらえることが多いです。

 

結局支払いができず、バイクの引き上げが実行に移される場合。よくドラマなどに出てくる自己破産の場合のように、強制的に差押えになるイメージとは違い、契約者とローン会社との間で日にちを指定して、両者立会いのもとに行われます。

 

残念ですし、穏やかならぬ状況ではありますが、バイクの引き上げは淡々と実行に移されます。

 

次いで金融機関は保証契約をしている保証会社に一括返済を請求します。

 

保証会社がローンを一括返済したからといって、契約者にローンの支払い義務がなくなるわけではありません。ただ単に、債権者が金融機関から保証会社に切り替わるだけです。

 

ここまでで、最初の滞納から約3ヶ月が経過しています。この時点で、2つの選択肢の中からどちらかを選択しなければなりません。

 

ひとつはバイクローンの一括返済、もう一つはバイクの売却です。バイクの売却を選んだ場合、ここでついにバイクを完全に手放さなければならなくなります。

 

とても残念ですが、これが現実です。

 

ここまでずっとローンを滞納してきたのですから、今になって「一括返済できます」といえるケースは少ないでしょう。

 

そこで、バイクを売却することにしたとします。バイクを売却することで残りのローンを一括返済できれば良いのですが、それでもローンが残ってしまう場合、やはり返済義務が残ります。

 

たいていは、ローンの残り分をどう返済していくのか、返済計画が立て直されます。

 

ローンの残り分の返済に応じようとしない場合、ついに裁判所が関係してきます。

 

「支払督促申立書」が提出され、裁判所から書面が届き、期日までにローンの残り分が返済されなければ給与や財産の差し押さえが実行される旨が知らされます。

 

ところで、給与の差押えとはどんなふうに実行されるのか気になります。給与の差押えは、給与の手取り分の最高4分の1が徴収されるという方法が取られます。

 

徴収額は給与を支払われる前に引かれます。ですから、ここまで来るとさすがに会社にも知られてしまうことになります。

 

ブラックリストにも載ってしまう

バイクローンに限ったことでは成りませんが、ローンを3ヶ月以上滞納すると信用情報に載ってしまいます。つまり、ブラックリストに載ってしまうということです。

 

こうなると、短くても5年間はありとあらゆるローンが組みにくくなり、クレジットカードも契約しにくくなるので大変不便です。

 

バイクローンの計画は慎重にしたいものです。でも、思わぬ出来事はだれの身にも起こるもの。

 

バイクローンを組んだ時点では毎月問題なく返済していけると思っていたのに、突然返済が困難になってしまう、ということはあるものです。

 

そんなときには、返済義務を放棄したり催促を無視したりするのではなく、ローンの組み直しを相談してみましょう。

 

避けた方がいい解決策として、ローンの滞納を解消するために別のところからさらに借金することです。これだと根本的な解決策にはならず、単に利子を増やしてしまうだけです。

 

それよりも、ローン会社に訳を話し、ローンの組み直しをお願いする方がよいでしょう。